日本人が英語を苦手とする理由を考えてみた

英語は世界の共通語と言われており、日本でも義務教育に英語学習が取り入れられていますが、日本人には英語を苦手とする人がたくさんいます。
その理由は、文化の違い、教育方法、生活環境にあると思います。

「英語とフランス語」或いは「日本語と中国語」のように、多少でも似ているところがあれば覚えやすいのですが、英語と日本語の文法はかなり違います。
語順が違うどころか、複数形を用いるという手間までかかり、直感的に習得するのが難しいのです。

また、大抵の人は学校のみで英語を教わると思いますが、学校の英語は文法重視です。
会話よりも、文章を読んで訳せるかに重きを置いた教育のため、学校の授業で英語を習得しても、外国人の前では全く話せないのが現実です。

その上、英語が話せなくても全く困らない生活環境が、最も日本人が英語を苦手とする原因であると思います。
世界ではグローバル化が益々進み、英語が必要とされているので困ってしまいますね。

日本人が英語を苦手とする理由を考えてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です